社労士の業務

社会保険労務士(社労士)とは、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素「ヒト・モノ・カネ」のうち、「ヒト」の採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる「ヒト」に関するエキスパートです。

社会保険労務士(社労士)は「社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、二年以上の実務経験のある者」だけがなれる国家資格です。

就業規則の作成、人事制度、賃金制度設計、退職金制度設計、給与計算、年末調整、裁判外紛争手続き(ADR)、労働保険手続き、人材採用、関係宮庁対応、年金相談、労災申請、女性活用対策、継続雇用対策とまだ他に多くの業務を行います。

近年では企業対労働者で裁判に至るケースが非常に多くなっております。
仕事のし易い環境を作りあげ、業務を円滑化をするための各制度も、きちんと設計をしないと争いになりかねません。 

お早目にe労務相談.netにご相談ください。
貴社にピッタリの社会保険労務士(社労士)をご紹介いたします。
まずは貴社に社会保険労務士(社労士)が必要か否か診断いたします。

お電話でのお問合せはこちら
メールでのお問合せはこちら
myTaxPro
お問合せはこちら