セミナー講師

社会保険労務士は「人」に関する専門家です。またその扱う範囲は、労働関係から年金、各種公的保険など多岐にわたります。今後は会社でも社員の知識向上、意識改善や労働トラブルの事前回避を目的とした研修をおこなうことが必要です。その際にその分野の社会保険労務士に講師を依頼する場合が多くなってくると思います。国家資格であるという以外にも認知度も高くなっていますし、なにより労働分野での経験が豊富ですので具体的で説得力のある講義をおこなえるのも魅力です。

社会保険労務士がセミナー講師をする場面は以下の場合があります。

1、新人教育(社会人をとりまく労働社会保険の解説)
2、コンプライアンス研修(セクハラなどの労務トラブルを事前に予防)
3、法令研修(労働法や法律改正点を理解すること)
4、人材育成研修(評価制度や人事制度の設計・運用にかんするもの)
5、年金研修(退職する社員など)

それ以外にも、顧問社会保険労務士が企業の問題に対応した事例研修を行うことがあります。今後は書類作成や相談という業務だけではなく、社員の意識改善や知識向上を目的としたセミナー開催時の講師として、労働法の専門家である社会保険労務士のニーズが高まっています。

お電話でのお問合せはこちら
お問合せはこちら
myTaxPro
お問合せはこちら