社会保険手続き

健康保険法や厚生年金保険法など社員の福利厚生に関する届出や申請が社会保険の主な手続きになります。また頻繁に法律の改正があるのも労働保険同様に社会保険諸法令の特徴です。福利厚生の向上が目的なので健康保険や年金など現金給付が多いのも特徴です。社員が安心して健康的に会社で勤務できることや社員の家族を守るために必要不可欠である以上に、社員の人生の質を向上させるのがこの社会保険制度です。

実際にあった例

「会社を設立して社員を雇いたいと思うのですが、どのような手続きが必要になりますか」 

とお問い合わせを頂きました。まず、社会保険の新規適用届を社会保険事務所などに提出します。その際に社員の健康保険厚生年金保険の資格取得届もおこないます。その後は社員の怪我や病気や出産などそのつど必要書類を作成し提出します。また、保険料を決定する為に年に1回算定基礎届の提出や給与額が大きく変動した際の月額変更届の提出が義務付けられています。労働保険の手続き同様に会社設立時に事業主の方が事業に集中するできるように専門家を積極的に活用することをお勧めします。

「社会保険労務士に委託できる社会保険の手続きはどのようなものがありますか」 

とご質問を頂きました。社会保険労務士は「人材の専門家」ですので社員の入社から退職までのほとんどすべての手続きを代行することができます。代表的なものでも、社会保険関係の適用届、社員やその家族の資格取得と喪失にかかる申請、健康保険の各種給付の申請、育児や介護休業に関する申請、保険料算定のための届出などがあります。社会保険労務士は社会保険諸法令に基づく申請、届出、報告、審査請求、異議申立て、再審査請求その他の事項を、事業主に代わって行える国家資格です。また社会保険以外にも労働保険の手続きもありますので、正しく法令に沿って申請、届出をするためにも専門家である社会保険労務士への委託をお勧めします。

お電話でのお問合せはこちら
お問合せはこちら
myTaxPro
お問合せはこちら